ゴジラ迎撃作戦をMR(複合現実)で疑似体験できるイベントが開催

  • 2018.05.24
ゴジラ迎撃作戦をMR(複合現実)で疑似体験できるイベントが開催

 

ゴジラ・ナイト

 映画「シン・ゴジラ」の世界と現実が“融合”したMixed Reality(MR、複合現実)体験ができる野外アトラクションイベント「ゴジラ・ナイト」が、24日から日比谷シャンテ(東京都千代田区)前の広場「日比谷ゴジラスクエア」で開催される。23日には内覧会が行われ、大迫力のアトラクションを一足早く体験した。

 「ゴジラ・ナイト」は、東宝と日本マイクロソフトが連携するプロジェクト「HIBIYA 2018」の一環。ヘッドマウントディスプレー「Microsoft HoloLens」を装着して楽しめるアトラクションで、参加者は劇中でゴジラ鎮圧のために組織された「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」の一員となって、ミサイルでゴジラを迎撃する体験を味わえる。

 アトラクションは「第一部 日比谷ゴジラ迎撃作戦 戦略会議」と「第二部 日比谷ゴジラ迎撃作戦 実行」の2部構成。第一部では、テーブルが置かれた小部屋でゴーグル型のHoloLensを装着して待機していると、「シン・ゴジラ」のテーマ曲が流れ、サイレンと共に「東京湾内に巨大不明生物が出現」といったアナウンスが流れ、迷彩服を着た自衛官が登場。「今日ここに集まったのは各部隊の精鋭だと聞いている。日比谷の未来は君たちにかかっている」と厳しい顔つきで告げられ、アトラクションと分かっていても緊張感が走る。

 テーブルの上には地図が描かれており、ゴーグル越しに作戦で使う戦闘機などがホログラムで映し出される。自衛官から、上空からゴジラを襲撃するという作戦の内容が説明され、ゴジラ迎撃作戦の実行場所(ステージ)へ移動する。別のゴーグルを装着すると、東京ミッドタウン日比谷の影から、映画に登場した118.5メートルの巨大なゴジラが姿を見せる。体を赤く光らせながら現れたゴジラは迫力満点だ。

 HoloLensには音声認識機能が搭載されており、参加者の「ミサイル発射」の声でミサイルが発射される。自衛官と共に声を出してみると、ミサイルが発射され、ゴジラに命中。自分の声で攻撃しているようなドキドキ感と責任感が味わえる。ただ、その後、ゴジラはおとなしくなったかと思うと……という展開。あまりの迫力に思わず「うわあ……!」と声を出してしまう場面もあった。

全文はこちら

※イベント応募は終了しています。

 

【log:TWITTER】

ゴジラナイト!全然知らなかった

【log:TWITTER】

ゴジラナイト行ってみたい

【log:TWITTER】

ゴジラ好きな友人はゴジラナイトなるイベントに参加したのだろうか…

【log:TWITTER】

いまWBSでやっていた
ゴジラ・ナイト楽しそう…

【log:TWITTER】

ゴジラナイトいいなー
Hololensいいなー

【log:TWITTER】

HoloLensのゴジラナイト観たかった!

【log:TWITTER】

日比谷のゴジラナイト、行ける人が羨ましい😩

【log:TWITTER】

こないだまで応募やってた「ゴジラナイト」だね!

【log:TWITTER】

ゴジラナイト全落ちガチ勢なので金曜あたりに日比谷に何やってんのか冷やかしICOCA

【log:TWITTER】

大人たちが何も無い方向に向かって大声で「ミサイル発射!!」て叫ぶの見せ方として良い。映画館の前っていう場所も良いし、「なんだあれ!」て雨でも食いついてる人いた

【log:TWITTER】

これですね~
応募だったのか… (; 😉

ニュースカテゴリの最新記事